ふじみ野市立福岡河岸記念館 

〜晴れた日にはつむ散歩〜   

福岡河岸記念館

       

江戸時代の物流・福岡河岸記念館



 2011年3月に埼玉県ふじみ野市を散歩しました。
春ですね〜、春なのにお別れですか♪榊原よしえの名曲を思い出さずにはいられません。今回は江戸時代に江戸と小江戸を結ぶ新河岸川の物流をになった館あたりを散歩してみました。
         



和田竜「のぼうの城」が映画化
しかし東北大震災で延期に!





甲斐姫とその数奇な運命!













                                           

★埼玉県ふじみ野市立福岡河岸記念館を訪ねる






このしっぽりした路地を散歩すると左側に。





江戸時代の物流業者の館跡です。
現在記念館になっており、大切に保存されています。





りっぱじゃん。5LDKくらいあるのかしら・・・。





帳場です。おうるさい金庫番がここに座ってあれこれ指示してたんでしょうね。





台所です、これ実際に使用していたものとのこと。
うわ、アツカンいただきてぇ〜。





こういうお屋敷にかざってあると江戸時代の雰囲気がわかるな〜。





さて、廊下をすすんでみますか。





ガラスごしの庭もいいですね。
きっとこうやって外を見たんですよ。





剣道場もやっていたんですね。





東上線ってふるいんだな〜。それと今はもうない川越電気鉄道。
痕跡があるらしいので今度みにいっていよう。
伊佐沼は今のあり、夏は花火をやってますわい。





あれ、今とそんなにかわってない・・・。





へ〜こんな船が新河岸川を行き来してたんですね〜。





これぞ、江戸時代の必須アイテム!





ここが新河岸川です。
そんなに深くないですよ〜。





河岸に梅が季節を演出しています。





このあたりは上福岡といいます。
私のしている限りでも、東久留米、東長崎という地名があります。
九州から移住してきた人が住んでいたエリアらしいです。


イギリスのヨーク州のひとが移住したところはニュー・ヨークという
地名にしましたね九州からみるとここは東ですものね。





でた、蔵ですね。





先ほど写真にあった養老橋です。





今年の流行はダウンでしたね〜。
さて、かえるべ。


                                            
   

 

 ★お散歩トップページはこちらです★


Copyright (C) All Rights Reserved