散歩 

〜晴れた日にはつむ散歩〜   

散歩のページ 

       

埼玉県・八高線金子駅周辺を歩く!!
桜満開とお茶畑


 2010年4月10日快晴あったかく春らしい日でした。
 川越駅から八高線にのってぶらり旅です。
 どんな風景と出会いがあるのか。本当は途中で乗り換えて高崎方面に
 行くつもりもりがついついうとうと乗り換え損ね八王子方面へ・・・。
 ふと目が覚めるととっても雰囲気のある駅でした。さて散歩だ!

                                           

★春の桜の季節は金子駅周辺散策が素敵です!駅舎を覆う桜・桜・桜・・・・★



毎度のことながら、思いつくままにぶらり旅、今回もまったく目的なし。
行き当たりばったり、ただ気が向くままに歩いてみましょう。
今年はさむ〜い春です。埼玉県でも桜がまだ満開!1週間以上ずれているようです。


ついついうとうとして目が覚めるとあらまびっくり!飯能を越えてしまった!
今回は途中乗り換えで群馬県高崎方面にいくつもりが!
予定は未定、人生行き当たりばったり!それはそれで楽しんでしまいましょう。
だれかが呼んでいるのかも・・・(神がかり?特に宗教はやってませんが・・)。


車窓から風景に見とれていると金子駅に到着・・・って金子駅ってどこ?
駅舎を囲うように咲いている桜があまりに見事。
しかもこの駅のノスタルジックな雰囲気に思わず、電車をおりてしまいました。


そうそう今日は青春18切符、乗り降りし放題!気兼ねなし





どうですかこの景色、とっても雰囲気があります。
単線の線路が遠くまでみえてます。風がふくと桜が舞ってました。
しかし、人いないな〜。





満開ですよ!見てくださいこの桜。
ところで桜といえば、いろんな歌がありますね。
ユーミン「春よこい」、血盟団?そんな若手の歌手がうたってましたね。


ちなみに私はさだまさし「桜散る」を思い出しました。
そんなん知らね〜よ。そうでしょう。いいんです。自分され知っていれば・・。
なんていうとサービス業勤務としては不親切なのでサービスで紹介!
Uチューブにあったのできいてみてください。


さだまさし・「桜散る」


さびの部分、桜ぁ〜散る、桜〜散る〜がなんとも耳に心地いいんです。
やっぱい暗いな〜。でもその暗さ・はかなさがいいんだよな〜。


受験に失敗したあなた!、きっと奈落の底に落ちるような気分になるかも。
崖っぷちにたったあなたの背中をそっと押してくれる曲です。



私、実は大学時代にさだまさし研究会≠ニいうあやしいサークルにはいってまして・・・。
当時某宗教団体が白い服装で都内駅前でよく踊ってました。
その宗教団体と同レベルの怪しさでみられていた通称さだ研=E・・。
「よく○-○真理教と何が違うんですか?」っていわれましたね。
その筋の方にはとっても有名なサークルですが、話がながくなるのでまた別の機会に。





この街は映画やドラマの撮影でよく使われるそうです。
地元のひとにきいたところ駅名がかえてあるそうです。





おみごと!駅から続く桜並木どおりです。
観光客も飲んだくれもいない、だれからも見られているわけでもなく
それでもひっそり・・・でもないですが・・・桜がなんともすてきですね。





踏み切りをこえて大きい桜2本の門をくぐると金子駅にむかう桜並木です。
この踏み切りもいい味をだしてるでしょ。





これはしだれ桜ですね。ピンク色が濃いですよ。
色が濃いわりに、しだれているのであまり自己主張してませんね・・・。





ちょっと妄想してしまいました。映画の1シーンです・・・。


★★★


彼氏をまつ彼女は(28歳)、髪がながく、カチューシャでおでこをだしています。
緑のカーデンに春色の長めのスカート。
ブックバンドでとめた数冊の本をかかえています。
彼女はいつも彼氏とここで待ち合わせをしていました。
彼女がこの橋からみ景色がすきだったのです。そして彼氏が彼女に告白した思い出の場所でした。
それから彼女と彼氏はこの橋の上でいろんなことを話しました。
桜の季節も、暑い夏も、ちょっとさびしい秋も・・・そして冬も。

でも別れは来ました。彼女は30歳になる前に病気で亡くなったのです・・・。


いつしか時が流れ彼氏も亡くなりました。
それでもこの風景はいつものままです。


また桜の咲く季節がきました。
この桜の木の下で彼女と彼氏が過ごしたすてきな時間ををだれも知りません。
それでも今年も桜は咲きます。


★★★



きっといろんな人がこの橋の上でいろんな思いをしたんではないでしょうか。
何かそんなことを感じさせる場所でした。





橋の上からみた風景です。夏、秋、冬、きっといろんな表情をみせてくれそうです。
福山の「桜坂」が聞こえてきそうです。


・・・というわけでUチューブから 福山雅治「桜坂」
便利な世の中だ。





足元にも名も無き花がさいてますよ(自分が知らないだけかも・・・)。
緑と紫のコントラストがいいですね。
光の当たり具合でびみょ〜うに紫の濃淡がいい味をだしてます。





ガーデニングしているようです。
で、なんでチューリップとライオン?花王もびっくりです・・・。





「パンツみえてるよ」
「いや〜ん」





意味はわかりませんが、なかなかしっくりきてますね。
北欧では庭に人形をこのように飾りつけるとか、そうすると幸せになれるというのをきいたことがあります。





春は桜ばかりではありませんよ〜。
花びらは桜に似てますね!





小学生1年生のとき、1Fだったのですが、そとの菜の花が育ちすぎで教室に
日が差さなくなってしまってのを覚えてます。
菜の花にもいろいろ種類があるのやら・・・ちょっと控えめな菜の花ですね。





なんてことない風景?それでも自分は知らない街を歩くとわくわくするんです。
小さな発見があるんですよ。そんな小さな発見に感動する気持ちを忘れていませんか。





木でつくったイスや小物がおいてました。
木でつくったものって心がなごみますね〜。





写真とってよかったでしょうか・・・。





庭先にすてきなものが!このセンス!いいですね。
きっと遊び心のある方がつくったんですね。ここをとおる人はみんな思わず見ちゃいますよ。





こちら見たままですがお茶屋さんです。喫茶店ではないので
お茶葉を売るだけですが、おねだりしたらお茶をいっぱいご馳走してくれました。
ここ狭山茶の産地なんですって!茶畑情報をもらいました、見に行きましょう。





狭山茶・茶菓子で〜す。





こんだけいわれれば止まりますよ・・。
「止まれ」という命令ではなく、「止まってください」とかお願いのほうが人は耳をかすような
気もしますが。もしくは・・・
「止まっていただきとうございます」・・・江戸時代の殿様への建言バージョン
「止まるときっといいことあります」・・・占いバージョン
「止まらんと、どつくで!」・・・・大阪弁バージョン
「卒業・・・そろそろ止まりましょう」・・・ユーミンバージョン
「曲がりくねった道の途中でいくつも分岐点に僕らはであうだろう
振り返らなくいいんだよ 君だけの道自分で歩いていくんだよ」・・・ゆずバージョン





でました、狭山茶の茶畑です。何回か葉摘みをするそうですが
5月にはじめて摘むお茶がいちばんおいしいそうですよ。
5月はこの畑に人がたくさん出て一斉に茶摘だそうです。





こんな感じです。緑がこいですね〜。
最近、武田鉄矢がでているドラマ、まさにお茶店の店主かなにかだそうですが
このあたりで撮影があったそうです。お茶屋のおじさんがいってました。





茶畑をよ〜くみると、おいしんぼ!ではなく、つくしんぼ!





さて、そろそろ寒くなってきました。
かえるべ。





この駅舎の風景はやっぱりみごと!
今日も楽しい散歩でした。

                                            
   

 


 ★お散歩トップページはこちらです★


Copyright (C) All Rights Reserved